宮本家 いろりで田舎料理が食べれる古民家・秩父の温泉旅館

秩父の温泉旅館「宮本家」お電話でのご宿泊予約はAM9:00〜PM10:00まで受付中。

☎0494-75-4060

宮本家からのお知らせ

宮本家からのお知らせ

地酒&プレミアム日本酒取り揃え♪

  秩父の温泉旅館 二百年の農家屋敷宮本家当主は元力士!!

力士といえば日本酒というイメージがあるように優勝力士が祝盃をあげるのも日本酒です。

当宿では地酒三種類はもちろんの事今海外でも人気のプレミアム日本酒を豊富に取り揃えております♪  スパークリング日本酒でも話題の獺祭も種類豊富!!

  誕生日、結婚記念日、還暦、古希などお祝い事の乾杯はぜひ日本酒で♪

御利益あり!!番付表プレゼント♪

  秩父の温泉旅館二百年の農家屋敷 宮本家当主は元力士!!

当宿では大相撲本場所開催中は宿泊者特典

希望者には番付表をプレゼントしております♪(チェックイン時に希望をお伝えください)

毎場所たくさんのお客様にお持ち帰りいただきお礼の手紙までいただく事もあるんです。

そして毎場所番付にあわせて更新されるこの幕内力士絵番付展示も好評です!!

(こちらは展示のみです)

番付表の御利益には

・元々相撲は神社仏閣への奉納として行われていたもの。強い力士の名前が並んでいるので悪者を追い払ってくれる、「家内安全」に。

・相撲文字は、白い所をなるべく少なく書いて「黒字」を増やし、興行の大入りの願いを込めたとのことから「千客万来」

・字体が心持ち右上がりに書かれていることから、右肩上がりの「商売繁盛」

・「相撲を取る」から資格を取る、タイトルを取る、嫁を取る、病気を取るなど「縁起物」

ぜひ宮本家の思い出に縁起のいい番付表をどうぞ♪

プロが選ぶ日本のホテル旅館100選表彰式

  秩父の温泉旅館 二百年の農家屋敷 宮本家が先月公式発表があったプロが選ぶ日本のホテル旅館100選に入選し都内で表彰式がありました!!

今年も埼玉県の施設では唯一の入選だそうで全国のたくさんの有名観光地からの施設ばかりで緊張しましたが主催の旅行新聞社 社長から元力士当主の力士の宿を存じていただいていて壇上で記念撮影まで♪

嬉しい限りでした!

今年も力士の宿満載のおもてなし企画で喜びと感動全てのお客様に味わっていただけるように尽力してまいります。

寒い日がまだまだ続きますが秩父の温泉でぜひお待ちしております!!

 

女優 高島礼子さん♪

  秩父の温泉旅館 二百年の農家屋敷宮本家には約150年前に建てられた蔵が存在します!(現在は蔵Barとして活用)

今回は蔵をメインに歴史を探る番組に取り上げていただきました♪

蔵は日本の記憶遺産そしてロマンが詰まったタイムカプセル!

旅人は人気女優の高島礼子さん!

宮本家300年の歴史そして小鹿野町の歴史がたくさん紹介されますよ~

放送は1月16日(木)です

ご期待ください!!

https://www.bs-tbs.co.jp/culture/kura/

1月16日は囲炉裏の日♪

  秩父の温泉旅館二百年の農家屋敷宮本家といえば囲炉裏です!!

昨年一年間だけでも母屋、別邸の囲炉裏が約20本のメディアに取り上げていただきました。

あの国民的アニメサザエさんにも登場し磯野家一家で和気あいあい♪

囲炉裏の日1月16日~1月31日まではなんと宿泊特典サザエさんグッズを一組に1つプレゼントいたしますよ~(無くなり次第終了となります)

ぜひ古き良き日本の文化囲炉裏を体験くださいませ!!

 

令和二年 新年御挨拶

  秩父の温泉旅館 二百年の農家屋敷宮本家12代当主、女将 新年の御挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年中はご愛顧をたまわり誠にありがとうございました。

本年が皆様にとって良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

さて当グループではこの冬お料理やお土産でとっても人気なのが直営農園秩父ふるさと村産の丸かぶ大根なんです!!

 

ふるさと村で撮影されたau 三太郎シリーズ新春CM大きなかぶでも使われたんです♪

大きなかぶといえば小さな力の鼠は英雄です!

そして本年は鼠年!

待ちに待った東京オリンピック パラリンピックも今年!

たくさんの英雄が誕生し感動と笑顔が生まれる年になりそうです♪

当宿も全てのお客様に喜びと感動をご提供できるよう日々精進してまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※1月中宿泊のお客様には丸かぶ大根は特典プレゼントとなります(霜の状況で中止となる場合があります)

 

1 ~ 6件 / 全6件

宿泊プランのご案内

土俵露天風呂 姉妹館 宮本の湯

蔵BAR 落ち着きのあるゆったりとした空間をぜひお楽しみください。

宮本家の温泉 源泉「般若の湯」について

ページTOPへ